カテゴリ:色彩( 37 )

職業訓練、カラーコーディネート養成科 と デザイン実践科

こんにちは、色彩舎ソリューションの齊藤です。



今日は、4月から始まる職業訓練、

「カラーコーディネート養成科」と「デザイン実践科」に応募して下さった方たちの

面接がありました。



「しっかり学んでカラーの仕事に就きます!」と、希望に満ちて目を輝かせている方、

「いったいこの先どうなるんだろ~」と、不安でドキドキしている方、

などなど、様子も年齢もさまざまですが、

とにかく「新しいことにチャレンジしてみよう!」

色彩舎ソリューションに飛び込んできてくれた、愛すべき方たちです。


この春からの出会いが、私も楽しみです056.gif


面接に来て下さった方々、今日はお疲れさまでした072.gif






突然ですが、以前、イラストレーターの生徒さんが書いて下さった、私です
かわいく描いてくださって・・・なんていい人(●^o^●)
b0240419_10302536.jpg

[PR]

by color-osaka | 2012-03-26 22:43 | 色彩

「環境色彩」の授業をしながら・・・

こんにちは、カラーコーディネーターの齊藤美雪です。


今日、午前中はすごくいい天気でしたね。

うちのベランダから見た景色です。
b0240419_20242770.jpg

(この後、吹雪になりました005.gif


そして、ベランダの天井。
b0240419_20251749.jpg


マンションの壁も、こんな色。

PCCSでいうと、「dp6」あたりでしょうか・・・



マンションの周りも、

にぎやかな色とりどりの建物や看板があるので、

このオレンジ色が、そんなに目立つわけではないのですが、

最初にこの色を見たときは「派手すぎやー!!」って、

拒否反応を起こしてしまいました。



結局、室内が気に入って、住むことに決めたのですが、

もし、周りの環境が閑静な住宅街だったら、

きっと、「騒色だ~!」と騒がれたかもしれません。

騒色について、詳しくはこちら⇒http://www.sgcpp.jp/hp/history/noise.htm



な~んて、「環境色彩」の授業をしながら、
自分の住むマンションのことを思い出したりします039.gif
[PR]

by color-osaka | 2012-03-12 20:50 | 色彩

新しい講座のレジュメ作り

こんばんは、色彩講師の齊藤美雪です。


今日は、新しく始まる講座のレジュメ作りに没頭しました。

「これから色を勉強したい!」っていう方に向けた、「色彩基礎コース」用のレジュメです。

 色彩の基礎をぎゅ~っとつめこんだ、

「色彩詰め合わせ」みたいな講座です。



「色のことを好きになってもらい、かつ、色のことをいっぱい知ってもらう」

 ためのレジュメです!いいのができました!



「色彩基礎コース」については、コチラ↓↓↓

056.gif色彩を初めて学ぶ方のための基礎コース。
パーソナルカラーやカラーセラピーを学ぶ前の必須コース。


072.gifH24年3月3日(土) 14:00~18:00
  ・講師:齊藤美雪
  ・会場:色彩舎ソリューション大阪校 
  ・1日 計4時間  
  ・12,000円(入会金なし)


072.gifH24年4月7日(土) 14:00~18:00
  ・講師:原田靖子
  ・会場:色彩舎ソリューション神戸校
  ・1日 計4時間  
  ・12,000円(入会金なし)



少しでもカラーに興味がある方、これから色彩を学ぼうという方は、ぜひお越しくださ~い060.gif

















[PR]

by color-osaka | 2012-02-27 22:07 | 色彩

スーパー戦隊シリーズ と 色彩心理


こんばんは。
色彩講師の齊藤美雪です。


みなさんは、日曜の朝にTVで放映されている、
「○○戦隊△△レンジャー」って見たことありますか?

私の小さい頃は、「秘密戦隊ゴレンジャー」っていうのを弟が見ていて、
ピンクのハートのマークが付いた桃レンジャーが印象に残っています053.gif

ところで、この、数十年続く戦隊もののヒーロー、
色に興味がある方なら、
きっと気づいていますよね!


「色と、そのキャラクターの関係を!


私が見たことがあるのは、
自分が子供の頃のシリーズと、
2人いる息子が見ていたシリーズのいくつかだけですが、

赤が、熱いリーダー、いつも真ん中にいる中心的人物で、
青は、クールで知的な役、
ピンクが女の子、
黄色は、面白いキャラでムードメーカー・・・

みたいなイメージ。


何十年も続いていると、
シルバーや紫や、色んな色がでてきたり、
また、色とキャラクターの関係に、ちょっとイレギュラーもあるようですが、

(詳しくはこちら⇒http://www.geocities.jp/bee_eztv0/toku/iro_list.html

でも、ほとんどが、
「多くの人が色から受けるイメージ」
・・・つまり、「色彩心理」にのっとったキャラクターになってるんですね~。


小さな子供ちゃんたちでも、
私達のDNAに組み込まれた「色から受けるイメージ」で、
テレビのヒーローたちのイメージを理解しやすいように、
形だけでなく、
色分けを利用している、このテクニックってすごい!?


いえいえ、きっと自然に考えたら、こうなったんだ、
と、私は予想しているのですが・・・


みなさんは、どう思いますか?



あ ちなみに、「忍風戦隊ハリケンジャー」は、
めっちゃ面白かったデス071.gif071.gif071.gif
[PR]

by color-osaka | 2012-02-19 19:10 | 色彩

映画の中の色


こんばんは、カラーコーディネーターの齊藤美雪です。


先週1週間かけて、細切れに2本のDVDを見ました。

どちらも、1度見たことがあるDVDなのですが、

「色使いだけを見るため」だけに、

再び借りちゃいました。

最初は、アメリカ映画の「エデンより彼方へ」
b0240419_23303956.jpg


本来は、はじけるカラフルさと明るさのあるハリウッド映画はちょっとニガテ。

だけど、この映画は、ほんのちょっとだけ鮮やかさをひかえたカラフルさで、

主人公の女性の心の美しさを表したクリアで上品なライラックパープルや、

親友(もどき!)の知的っぽさを表現するからし色、

美しい秋の紅葉、

そして、テーマの1つでもある肌の色など、

色でたくさんのことを表現している映画です。

メロドラマチックで、何度も見たい内容ではないのですが、

彩りは、何度も見たくなる美しさです。




そして、「アメリ」
b0240419_2331283.jpg

この、緑と赤の、ちょっと毒々しい色使いの通り、

シニカルな内容で、

主人公のアメリが、

人に興味深々さを

ちょっと変わったやり方で表現していくんです。

b0240419_23312417.jpg

こんな風に、部屋の壁は真っ赤。

ベッドのシーツも真っ赤。

果たして、心静かに眠れるのでしょうか・・・




私は、淡いピンクのシーツに囲まれて眠ります。

あふあふ~

おやすみなさい072.gif
[PR]

by color-osaka | 2012-02-17 23:53 | 色彩

中島潔さん

こんばんは、カラー講師の齊藤美雪です。


「中島潔さん」


といっても、彼氏の名前ではありません。



先日、生徒さんから入場券をいただいて行ってきた、

“風の画家”「命の無常と輝き」展、で見た絵の画家さんです。

きっとみなさんも、どこかで見たことがある絵だと思います。
b0240419_22394892.jpg

b0240419_2248582.jpg

b0240419_22505338.jpg

b0240419_22511271.jpg


おだやかな子供の表情や、

やわらかなタッチで描かれていながら、

色鮮やかなものが多く、

墨絵調と多色使いとの両面を併せ持ち、

色彩に関しては、かなりインパクトがあって、

見ごたえがありました。


機会をくださったNさんに感謝です056.gif
[PR]

by color-osaka | 2012-02-15 22:52 | 色彩

初!チョコ体験!

こんばんは。

カラーコーディネーターの齊藤美雪です。



今日、生まれて初めて、バレンタインにチョコをいただきました053.gif

それも、山盛り041.gif

朝いちで、生徒さんからお届けがあり、

次に、教室に行ったら、机にたくさんのチョコが!

それも、ほとんど手作りです。

愛ですね053.gif
b0240419_2234411.jpg



なるほど~

今まで、男性は、こんなに嬉しい気持ちを味わっていたわけですか~016.gif


そして発見!

ラッピングを見たら、誰からのチョコだか、わかってしまったのです!

なぜって、手作りチョコのラッピングは、

作った人が、パッケージも選んで、包んでくれているから!


水色の可愛いのは、Kちゃん、

マジェンタのは、Tさん、

なのは、Nちゃん・・・などなど!


「色選び」は、「その人自身を表す」んですね~

いつでもどこでも、色彩心理はついてきます!


愛情のチョコレート、ありがとうございます

大切にいただきます053.gif
[PR]

by color-osaka | 2012-02-14 22:49 | 色彩

愛する作家たち と 色

こんばんは。

色彩講師をしている、齊藤美雪です。


私のごく身近な人たちは知っていると思いますが、

私は「活字中毒」です。


つねにつねに、そばには、読むべき本が積まれていないと落ち着きません。


今は、先日買った「日本の色」(大岡信編 朝日新聞社)が手元にあるので安心です。

これは、一筋縄ではいかなさそうな、

ちょっと込み入った「色にまつわる伝統文化論」みたいなので、

当分、活字の貯金はありそうです。


さて、今まで、読破してきた小説作家たちのタイトルで、

色の名前がついてるのをピックアップしてみました。

まずは、20代後半で読みまくった「フランソワーズ・サガン」の一冊、

「心の青あざ」(新潮文庫)
b0240419_2139014.jpg


“大富豪夫人の愛人になる男性と、その妹の話”です。

まさに、心に青あざができそうな内容ですよね(^_^;)

サガンは、どの小説も、とにかくケダルいです。



次は、谷崎潤一郎の「刺青」(新潮文庫)
b0240419_21564342.jpg


もともと、一般的に「入れ墨」と書いていたのが、この小説が発表されてから、

「刺青」と書くようになったらしいです。

なぜ、「青く刺す」と書くかというと、肌に墨を入れた後、

長年経ると青みがかって見えるようになるところから・・・とか。

谷崎潤一郎さんの日本語の美しさは、ゆっくり味わって読みたくなる「うっとり系」です。

「日本の色」にも、谷崎潤一郎さんの話題が出ていて、わくわくしました!

まさに、「日本の色」を感じる文章が多いんですよね。



あと1冊は、の対照色相の、「オレンジの壺」(宮本輝)
b0240419_2158518.jpg


タイトルにもなっている、日記に書かれた“オレンジの壷”にまつわる、

ちょっとミステリーちっくな小説。

日常のささいな出来事から、人の細やかな心理描写など、

宮本輝さんの文章は、どの作品も引き込まれていきます。

この作家さんの小説も、全部読んでました。



だけど、ここ1年くらいは、色彩関連の本しか読んでない気がするな~



あ!そして、今日グーグルから入られた方はご覧になりましたか?
今日はイギリスの作家「ディケンズ」さんのお誕生日067.gif

私の一番大好きな小説「大いなる遺産」の作者です。
b0240419_2295314.jpg


この小説、めちゃくちゃおもしろいのですが、かなりの長文です。

勇気があるかたは、ぜひトライしてみてくださいね。(色とは関係ナイですケド)



今日は、なんだか自分の世界にひたっちゃいましたね。



また明日~053.gif
[PR]

by color-osaka | 2012-02-07 22:19 | 色彩

色彩の本

こんにちは。

カラーコーディネーターの齊藤美雪です。


年季の入った、こんな本を買いました。
b0240419_17382350.jpg


053.gif昭和51年発行の大岡信編「日本の色」。

⇒http://www.ae-archiving.jp/bibliography/?id=316&PHPSESSID=4517420f28ee9a652be7413c358774d4


053.gifもう1冊は、不思議で、綺麗だなって思った絵本。

「BROOCH] 渡邊良重 絵。 内田也哉子 文。

⇒http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%81-%E5%86%85%E7%94%B0-%E4%B9%9F%E5%93%89%E5%AD%90/dp/489815140X

b0240419_17501626.jpg
b0240419_17503997.jpg
b0240419_1750553.jpg


どちらも、古本屋さんで見つけたもの。

古本屋って、宝箱です072.gif

[PR]

by color-osaka | 2012-02-05 17:56 | 色彩

デザインと色

今日は、デザインを勉強する生徒さんへ向けて、

カラーの授業をしました。


「デザインを仕事にする」ということは、

多くの人に見てもらったり、商品を購入してもらったりして、

「直接的、または間接的に利益を得る」、ということ。


そのための、カラーのちからは、とても大きいのです。

ひとが何かの情報を得るとき、

視覚情報は全体の80%ともいわれています。

そのうち、色による情報は、80%!

・・・ということは、形よりも色の方が重要?!


まさしくその通り058.gif


なので、「デザイン」という意味の中には、

すでに「形と色」の両方を含んでいるべき!

だと、思うのです。


明日も、デザイナーの卵さんたちに、

「色の大切さ」をたくさんお伝えしていきていと思います(●^o^●)
[PR]

by color-osaka | 2012-02-01 21:28 | 色彩