カテゴリ:未分類( 1 )

色ではない色

みなさん、タマムシ ってご存知ですか?

私は、子供のころ何度か田舎で出会ったことが、あります。


タマムシは、とても綺麗な色の羽をもつ昆虫です。


その色は独特で、「玉虫色」という色が存在するくらいです。


ちなみに「玉虫色」をウィキペディアで調べてみると


---------------玉虫色出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』----------------------------

玉虫色(たまむしいろ)とは、光の干渉によって起こる金緑から金紫の色調変化をする染色や織色をさす。

また特定の色彩名を当てられないことから、どちらつかずの状態のことを慣用句的に「玉虫色の~」と呼ぶことがある。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------



また、タマムシがもつ、独特の美しい色を使った、伝統的な仏教の工芸品があります。

それを「玉虫厨子(たまむしのずし)」っていいます。

b0240419_22344317.jpg


とても綺麗なタマムシの羽を使った工芸品です。

私は、まだ一度も本物を見たことは、ありませんが、是非一度みてみたいです。



また、「玉虫ってなに色?」って質問に、タマムシを見た人はなんて答えるでしょうか?

緑? 赤? 金色? 紫?

そう、色であって、色ではない色なんです。


それも、ウィキペディアで調べてみると
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
玉虫(ヤマトタマムシ)の翅は、一見したところ緑色に見えるが光を当てる角度によって色彩が変化する。
これは、タマムシの翅(ハネ)がもつ本来の色素の色が変化しているのではなくて、特定の波長の光同士が互いに強まったり、弱まったりすることで目に見える色が変化したものである。
したがって、玉虫色は赤や青のように特定の色彩をさすものではなくて、刻々と変化していく色調をすべて含んだ色でなくてはならない。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


↑ ちなみに、この現象を「干渉」といいます。

きれいですね。

b0240419_2229675.jpg

[PR]

by color-osaka | 2012-01-16 22:30