絵の見せ方 at エル・グレコ展

こんにちは、カラーコーディネーターの齊藤美雪です。

秋の休日、
自転車の後ろに乗って秋色を感じながら、
b0240419_20102464.jpg

国立国際美術館まで、「エル・グレコ展」をに見に行ってきました。
b0240419_20105978.jpg


圧倒されました。
職業柄、ついつい色使いに注目してしまいます。

その中でも、眩しいくらいに「光」が描かれていることと、
赤紫・黄緑・青・ゴールド・無彩色が、
明らかに多く使われていることの意味が気になって仕方がありません。

それに、もう少しキリスト教について深い知識があれば、
もっともっと楽しめたかな、と、
一緒に行った相方の感想を聞いて思いました。

そして、今回圧倒されたのは、エル・グレコの作品だけではありません。

この展来会の見せ方です!
「絵の背景の色」がすごかった!!!

買ってきたハガキで再現してみました070.gif

モノトーンが多いコーナーには、深い赤の背景。
b0240419_2048761.jpg


鮮やかな色彩のコーナーには、鮮やかさを引き立たせる、くすんだ白とくすんだ緑の背景。
b0240419_2049223.jpg


淡い水色の色彩には、同系色の鮮やかな青の背景。(ほんとはもっとしっかり青です)
b0240419_20506100.jpg


再現がいまいちでスミマセン。

だけど、これから行かれる方は、
ぜひぜひ背景にも注目してみてください!



その帰り道、いつも行くカフェ・FILTERさんに行ったけど、
そこで働く、お目当ての卒業生さんが不在だったので、
別の知り合いのお店、「里山カフェ」でランチして帰りました。
b0240419_214628.jpg

オーガニックレストランでおすすめです。


でな、休日でした。

「エル・グレコ」さんと、主催者さんの力、すごかったです。
[PR]

by color-osaka | 2012-11-04 21:05 | 色彩