働くって

こんにちは、カラーコーディネーターの齊藤美雪です。

今日は、職業訓練の一環として、KOKUYOさんを訪問しました。

授業でも特に重要視している「ユニバーサルデザイン」の企業視点の考え方は、
KOKUYOさんの社会的貢献度や、実際の取り組みの規模の大きさに、
何度伺っても感銘を受けます。

それともう一つ、いつもありがたく伺う話に、「職業人としての考え方」があります。
今の社会や多くの企業での現状や、転職についての心得をお話して下さるのですが、
現実から目をそらさず、愛を持って伝えてくださる姿勢は、
いつも感謝の言葉しかでてきません。

例えば、「会社はアミューズメントパークじゃない」という言葉。
好きなことをする場所ではない、企業命令は絶対だ、というような厳しいお話。

例えば、「企画開発」という募集内容で入社しても、
すぐに「企画開発」をさせてもらえると考えないほうがいい、
なぜなら、いくら経験があったとしても、
その会社のしくみや、取引先や流通の仕組みをわからないで、
商品を生み出す「企画開発」は任せられない、というように。

どれもこれも、身にしみるお話でした。

生徒さんには、どんな風に聞こえたのでしょうか?

私は、毎日ほぼ定時に帰らせてもらって、その代わり、
家事を終えてから、自宅で残った仕事をするようにしています。
「子供と過ごす時間」に、
自分の優先順位を高くしているためですが、
こんな環境を与えてもらっていることには、日々感謝しています。


さて、レジュメ作りに取りかからなくては!


KOKUYOさん、本日もほんとうにありがとうございました。
[PR]

by color-osaka | 2012-06-18 21:57 | 職業訓練