レトロ と マンガ

こんにちは、カラーコーディネーターの齊藤美雪です。


今日は、世の中のゴールデンウイークは、今日が最終日ですね。

私は土日が休みだったので、
貴重な2日間を、大切に過ごしました012.gif



訪れた場所の1つに、

「京都国際マンガミュージアム」があります。
b0240419_17593083.jpg

b0240419_1728405.jpg

               (下の写真は、Wikipediaからの引用です)




京都精華大学と京都市によって、

廃校になった小学校の校舎を改築・増築して、

運営も大学と市が行っているそうです。

b0240419_17325890.jpg

古い小学校だけあって、床は、ギシギシと音を立てるほどの木の板や、

色調もクラッシック調で、照明もオレンジ色で落ち着いた雰囲気。

ほんとうにレトロな内装でした。



その中に、まんがの歴史や、

展示物、そして、5万冊くらいのまんがが並べてあって、

読むのは自由、読む場所も、自由です。



私達は、外のテラスに座って、

思い思いのまんがを読みふけりました。



私が選んだのは、子供のころに夢中になった、

一条ゆかりさんの「砂の城」。
b0240419_17424870.jpg

かなり複雑な人間関係の、かなり複雑な心情を緻密に描かれた作品で、

小学生の時によくこんなの読んでたな~と思いながらも、

当時よりも、もっと心に沁みました。



そして、もう1つが、

鴨川つばめさんの「マカロニほうれんそう」
b0240419_1743594.jpg

これも小学生の当時、

このばかばかしさが大好きだったのですが、

大人になってみると、

思った以上にばかばかしくて、
改めて、このマンガ家さんを尊敬してしまいました037.gif



日焼けしながら、

ソフトクリームを食べて、

愛する家族とまんがを読みふける・・・
b0240419_17332053.jpg




最高ではないですか~053.gif
[PR]

by color-osaka | 2012-05-06 17:53 | 見たもの・聞いたもの