デザインと色

今日は、デザインを勉強する生徒さんへ向けて、

カラーの授業をしました。


「デザインを仕事にする」ということは、

多くの人に見てもらったり、商品を購入してもらったりして、

「直接的、または間接的に利益を得る」、ということ。


そのための、カラーのちからは、とても大きいのです。

ひとが何かの情報を得るとき、

視覚情報は全体の80%ともいわれています。

そのうち、色による情報は、80%!

・・・ということは、形よりも色の方が重要?!


まさしくその通り058.gif


なので、「デザイン」という意味の中には、

すでに「形と色」の両方を含んでいるべき!

だと、思うのです。


明日も、デザイナーの卵さんたちに、

「色の大切さ」をたくさんお伝えしていきていと思います(●^o^●)
[PR]

by color-osaka | 2012-02-01 21:28 | 色彩